オランダ大使館・オランダ総領事館, Japan

歴史

先史時代

オランダにおける人類の最初の足跡は35万年前まで遡ります。氷河時代の終わりに、私たちが現在オランダと呼んでいる、湿地の多い低地の中の乾燥地帯で、狩猟採集民は生き残りを図っていました。農業は紀元前5300年頃オランダの一番南の部分リンブルフ州で始まりましたが、有史以前の最も有名な遺跡は、ドレンテ州で見られます。Hunebeddenと呼ばれる巨石建造物は、巨石からつくられた古代の墓です。それらは紀元前3450年から3250年の間に建造されました。古代の人々がどのようにこれらの古い墓を造ったのかは未だに謎とされています。

ローマ帝国領時代

紀元前58-52年にかけて、ジュリアス・シーザーはオランダ南部までローマ領を拡大しました。ローマ軍はさらに北部を征服しようと試みましたが、ライン川が事実上の国境となりました。ローマ文化は低地諸国の南部に流れ込みました。「低地諸国」という言葉は、現在のルクセンブルクやベルギー、オランダを意味します。ローマ人の支配は、476年、ゲルマン軍隊長オドアケルのローマ中心地域の侵攻により終わりを迎えました。

キリスト教の台頭

ローマ人が去った後、低地諸国はフリース人、サクソン人、フランク人の3つの民族グループへ分裂しました。キリスト教が低地諸国にもたらされたのはこの時代のことでした。最も有名な初期宣教師のうちの2人が、聖ヴィリブロート(658-739)と聖ボニファティウス(672-754)です。聖ボニファティウスはフリース人地域での宣教中に殺害されました。

カール大帝(742-814)

フランク王国の王、カール大帝は、低地諸国および西欧の他の部分の多くを統一し、支配下に置きました。オランダの都市ナイメーヘンの近くに、彼は帝国で最大の城、ファルクホフ城を建造しました。彼の治世中の芸術や文化、聖書研究の再興は、カロリング朝ルネサンスと呼ばれています。権力の絶頂を迎えたカール大帝は、800年ローマ教皇から皇帝の称号を受けました。彼は、明らかに、かつてのローマ帝国の再建を狙っていました。

フロリス5世(1254-1296)とホーランド州

カール大帝の治世の後、フランク王国は崩壊しました。低地諸国はカール大帝の後継者たちの臣下に支配されました。この分裂した単位は全て州と呼ばれました。よく知られた地方領主がホーランド伯、フロリス5世です。彼の支配の下、騎士の館(Ridderzaal)が完成しました。

騎士の館はハーグのビネンホフ(Binnenhof 内庭)の最も古い建物です。ビネンホフは現在、オランダ政府の所在地となっています。フロリス5世はまた、ホーランド州を各方面に拡大しました。彼の治世以降、ホーランドは一帯の最も強力な地域となりました。しかし、現在オランダと呼ばれている地域が一つの国になるにはまだ数世紀かかります。

貿易の拡大とハンザ同盟(13世紀から17世紀)

ハンザ同盟は、北部ヨーロッパの貿易都市連合です。ドイツ、スウェーデン、ノルウェイ、ポーランド、ベルギーおよびバルト諸都市と共に、多くのオランダの都市がこの同盟に加入しました。低地諸国のハンザ同盟都市は国の東部に集中していました。実のところ、ハンザ同盟は連盟ではなく、貿易都市が互いの利益を結び付け、貿易を盛んにしようと図る、商業連合ネットワークでした。一緒に活動することにより、強力な地位を得、貿易と防衛が拡大されました。ハンザ同盟は加盟都市に繁栄をもたらしました。カンペン、デフェンテルや ジュトフェン等、オランダのハンザ同盟都市を歩けば、広大な教会や印象的なタウンホールに、かつての富と権力を見ることができます。16世紀および17世紀には、ハンザ同盟の力は後退しました。

カール5世による低地地方の統一(1500-1558)

結婚、買収、征服により、ハプスブルク家は低地諸国の大半を手に入れました。ハプスブルク家のカール5世は、さらに、神聖ローマ帝国皇帝として選ばれました。1516年、彼はまたスペイン国王の地位も受け継ぎました。これにより、彼は北部、東部および南部ヨーロッパの多くの地域の支配者となりました。同じ頃、クリストファー・コロンブスら、ヨーロッパの探検家は、貿易と征服を目的として、海外に向かいました。アメリカにおけるスペインの最初の入植により、カール5世は太陽の沈まない帝国の支配者となりました。

オランダの反乱(1568-1648)

1568年の低地諸国の反乱は、この帝国の支配者である、カール5世の後継者、スペインのフェリペ2世に対する反抗でした。この蜂起にはいろいろな理由がありました。宗教の自由が無いこと、高い税金、厳しい中央集権政策、気候変化による作物不作等、全てが低地諸国の居住者に勝利を望む気持ちを生み出しました。

1568年、スペイン軍とオラニエ公ウィレムに率いられた反乱軍の間に80年独立戦争が始まりました。

長く激しい戦いが続きました。1581年までには、全てのオランダ諸州の代表者たちが統治権否認令に署名し、スペイン王からの独立を宣言しました。オラニエ公ウィレムの暗殺(1584)の後、息子のナッサウ家のマウリッツが後を継ぎました。彼の軍事作戦は新しいオランダ共和国の国境を形作り、彼の名はヨーロッパ中に知れ渡りました。1648年、80年に渡る戦争の後、ウェストファリア条約が署名され、オランダ共和国が統治国として国際的に認識されました。

オランダ連邦共和国(1581-1795)とオランダの黄金時代

80年に渡る戦争の間に、既に、オランダ黄金時代は始まっていました。この時期、オランダ経済は、世界中で最も成功していました。オランダ経済の繁栄を支えたのは、低地諸国やフランスからの裕福なプロテスタント移民、ヨーロッパの他の地域からのユダヤ人でした。彼らにとって、独特な宗教的寛容性を持つ共和国は、非常に魅力的な目的地でした。この時代、多くのヨーロッパ人にとって、王や国教の無い国が存在するだけでなく、栄えるのは驚きでした。

ヨーロッパおよび世界各国との貿易は、オランダ経済の重要な部分を占めていました。1602年、オランダ東インド会社(VOC)が設立されます。株式会社であるVOCは香辛料貿易と香辛料を生産する地域の完全征服に携わっていました。VOCは今日のバングラデシュ、中国、インドネシア、インド、イラン、マレーシア、マダガスカル、スリランカ、南アフリカ、台湾およびタイに交易所を作り、さらに、日本との独占貿易を行いました。まず平戸、次いで出島(長崎)に設けられたオランダ人定住地は、200年以上に渡り、日本における唯一のヨーロッパ交易所でした。2009年、日本とオランダはかけがえの無い歴史の瞬間、交易400年を祝いました。
現在はアンゴラ、ブラジル、ガーナ、スリナムとなっている大西洋の両岸に、オランダは入植地を建てました。今日のニューヨーク市は、かつてニューアムステルダムであり、同様にオランダ人入植者により創設されました。栄えたのは経済だけではありません。芸術、科学も盛んになりました。

この時代の有名な画家はレンブラント・ファン・レイン、ヨハネス・フェルメール、ヤーコプ・ファン・ロイスダールです。建築や文学も同様な重要性を得ました。芸術以外では、科学も同様に花開きました。この良い例は近代国際法の創立者、フーゴー・グローティウスです。スピノザは最も有名なオランダの哲学者の1人です。ヤン・レーフワーテルは水管理の基礎を置き、クリスティアーン・ホイヘンスとアントニ・ファン・レーウェンフックはそれぞれ数学と微生物学の研究を行いました。黄金時代の終わり、1684年にオラニエ公ウィレム3世は中世の城ヘットローを購入し、オランダのヴェルサイユ宮殿へと変えました。ヘットロー宮殿はオランダとオラニエ公の権勢を反映しています。

フランスの支配(1795–1815)

フランス革命軍が1795年にオランダに侵攻してきた時には、黄金時代の全盛期は過去のものとなっていました。ナポレオンによる大陸封鎖はイギリスの貿易に痛手を与え、その途上でオランダを崩壊しました。

オランダ王国(1815- 現在)

ナポレオンの失脚後、ヨーロッパの大国はウィーンに集まり、新しいヨーロッパの国境について討議しました。その結果、オランダ共和国は低地諸国南部(現在のベルギーとルクセンブルク)と一緒になりました。しかし、オランダ共和国の多くの植民地はイギリスのものとなりました。オラニエ家は新しい国の王族となり、以降、オランダ王国と呼ばれるようになりました。新しい秩序は、ワーテルローの戦いにて確定しました。ブリュッセル近郊のこの小さな町で、ナポレオンはイギリス、プロシア、オーストリア、ドイツの小国のいくつかとオランダの連合軍に決定的に敗れました。オランダの王となるウィレム2世は、この連合軍の指揮官の一人でした。

短期の内戦の後、南部は1830年に独立州となり、ベルギーと名付けられました。この期間、政治体制に対する進歩的な思想が次第に広まりました。当時ヨーロッパ中に広がった革命精神を恐れて、王ウィレム2世は王権の削減に同意しました。基本法を変えることにより、オランダは王が君臨し、人民が選んだ政府が支配する立憲君主国へと変わりました。第一次大戦中、オランダは中立の立場を取り、国際的な紛争の外にまきこまれませんでした。

第二次世界大戦(1940-1945)

1940年5月、ドイツ軍がオランダを侵攻しました。ロッテルダム市街に大規模な爆撃を行い、ドイツ軍はオランダ政府を降伏させました。5月15日、降伏文書が署名されましたが、ヴィルヘルミナ女王を含め政府はイギリスへ避難しました。5年間の厳しい占領が開始しました。ヨーロッパ中で起きたホロコーストはこの時代の最も悲劇的な局面です。ユダヤ人少女の個人的な記録、アンネの日記は、今日もなお、無実の人々の排斥や迫害が意味するものを私たちに感じさせます。1942年、日本軍がオランダ領東インドへの侵攻を開始しました。オランダ系住民は捕虜収容所に入れられ、その20パーセントは亡くなりました。東洋での戦争は、日本が1945年8月15日に降伏して終わりました。

第二次大戦後のオランダ

第二次大戦後、ヨーロッパ諸国は、大陸の再建と今後の紛争の抑止にエネルギーを集約しました。オランダは、ヨーロッパ連合およびNATOの創設メンバーの一つです。

第二次世界大戦はオランダに廃墟を残しました。アメリカはマーシャルプランにより、ヨーロッパの再建を支援しました。50年代から70年代にかけては、急速な経済成長が続きました。国際貿易は依然としてオランダ経済の支柱であり、ロッテルダムは世界で最も大きい港の1つであり、スキポール空港は国際航空のハブです。第二次世界大戦後、日本とオランダとの経済の結びつきは、かつての力を取り戻りました。日本のオランダへの投資は、EUの中でも最高です。日本企業の多くにとって、オランダはヨーロッパへのゲートウェイです。

60年代以降、教育の宗教からの分離がオランダ社会を特徴付けています。これは(組織化された)宗教の役割の消滅につながりました。同様な傾向が戦後の日本でも見られます。1980年、現在のベアトリクス女王が王位を継承しました。オランダのベアトリクス女王は、オラニエ公ウィレム1世の直系の子孫です。

オラニエ家の支配は日本の皇室との強い結びつきを保ちました。このことは2000年の明仁天皇の訪問からも明らかです。

日本で最も知られているオランダ人はおそらくミッフィーでしょう。この小さな漫画のウサギはオランダのアーティスト、ディック・ブルーナにより生み出され、老若問わず世界中で愛されています。